泥水技術で未来を拓く株式会社テルナイト

弊社は、昭和30年9月、日本唯一の泥水(でいすい)材料専門メーカー『帝石テルナイト工業株式会社』として設立され、さらに、昭和46年10月には、泥水エンジニアリング部門を新たに加えて、総合泥水会社『株式会社テルナイト』として再発足致しました。

 

泥水は、一般にはなじみの薄い特殊な分野でありますが、地下資源の開発にとって不可欠のものです。近年6,000mを超える深掘井が掘られるようになりましたが、これほど深い坑井が掘削可能になったのは、泥水技術の著しい進歩に負うところが大といっても過言ではありません。

 

このように弊社は、今日まで我国の地下資源開発に大きく貢献し、国内はもとより、国際的にも「泥水のテルナイト」としてその技術力は高く評価されております。

 

現在、弊社の事業範囲は、国内外の石油、天然ガス、地熱エネルギー等の開発ボーリングに使われる泥水、セメント材料及び技術の提供にとどまらず、土木建築の基礎工事、シールド工事、廃泥処理、残土処理など、泥水に関するあらゆる分野に広がってきております。

 

一方、弊社は平成8年9月に、当社が所有する特許「掘削土の処理方法」、「汚泥の処理方法」を活用して、建設発生土処理、湖沼・河川・港湾の底泥処理に関する事業展開を図るため環境テクノサービス株式会社を設立致しました。

 

今後とも、課せられた責任と使命を自覚し、『泥水のテルナイト』の名にふさわしい製品と技術を提供して行きたいと考えております。