建設発生土改良

各種建設工事で生じる建設発生土は、そのままの状態では軟弱な状態を呈しており、再利用やダンプ搬出が困難な状況にあります。表-1に示す軟弱土改質剤は、土壌に対して少量の添加で水を抱え込んで改質するため、ダンプ等による搬送中に水を排出することがありません。また、改質土の仮置き場が確保できるような場合、改質土を天日乾燥することにより水分が蒸発し土壌本来の持つ強度が発現しリサイクル材としての適用も可能となります。

また、即時搬出且つ短期で強度が必要な場合には中性固化材「テルハードネオ」の併用をお勧めします。

 

                      表-1 軟弱土改質剤

製品名 特長・用途 最適添加量
RC-1

天然系ポリマーを主成分とする軟弱土改質剤

・シールド、推進掘削、杭工事等発生土の即時運搬

2.0~3.0㎏/m3
ソイルセーフ

アクリルアミドモノマーを含有しない環境に優しい高分子ポリマー

・湖沼、ため池浚渫等安全を求められる場所での使用

・運搬に最適

1.2~1.7㎏/m3
ソイルコート

高分子ポリマー

・あらゆる建設発生土の改質・運搬に最適

1.0~1.5㎏/m3
テルハードネオ

中性固化材

・少量の添加量で混合直後より強度が得られます。

10~50㎏/m3

*上記製品は、土壌の含水比が概ね200%以下に対し有効です。

*添加剤の攪拌にあたっては、バックホウ攪拌では混合ムラや均一混合が難しいため、バケットミキシングのような攪拌機械のご使用をお奨めします。弊社では、バケットミキシングのレンタルも行っております。

 

バケットミキシング

 

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-2-3 Daiwa神保町3丁目ビル 5階
株式会社テルナイト 営業部営業課

TEL 03-5843-0009
FAX 03-3221-5061

・メールフォームへ